FC2ブログ

スレッドテーマ

ラマナ・マハリシ

17歳の頃に突然起こった死の体験を通して、これまで特別な霊的知識も鍛錬もなかった少年が突如として、人の真の実体は肉体ではなく不死の意識、真我(アートマン)であることを悟る。 彼の思想的背景は、インドを代表する伝統的な流れであるシャンカラの不二一元論(ヴェーダーンータ哲学)にあるが、彼が述べたことは「唯一の真我のみが実在する」というシンプルな教えである。「私は誰か?」という真我探求法を推奨したが、他のどのヨーガの道を否定するものでなく、求道者の霊的な成長に応じて単独であるいは併用して修練できるとした。

このテーマでブログを書く